不規則な生活習慣を正常に戻す方法

良質な生活習慣を手に入れて体調良好の状態へ

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

良い生活習慣を構成する要素

睡眠時間は十分に確保できているでしょうか? 1時間半の倍数であることが望ましいです。 入眠時刻は十分に早いでしょうか? 適切な起床時刻は入眠時刻に左右されます。 睡眠のゴールデンタイムである夜10時から深夜2時までの4時間を含めることも見逃せません。 続きを読む

睡眠の重要性について理解を深める

「最近、体調が良くないな」と感じるとき、一体どこに原因があると思われるでしょうか?
一度振り返ってみてください。

過去に「体調が良いぞ」と思えた時期があるはずです。
当時と今現在を比較したときに、どこに大きな変化点があるでしょうか?
一度考えてみてください。

本サイトでは生活習慣を改善する秘訣について3つの切り口からお話しします。

まず、生活習慣と言えば睡眠が真っ先に思い浮かぶかと思います。
睡眠で重要なのは睡眠時間だけではありません。
入眠時刻や起床時刻もまた翌日の目覚めや眠気に大きく影響してきます。
多くの方々は平日は仕事や勉強で早起きするでしょうから、基本的には朝型に切り替えることをオススメします。

続いて食生活が挙げられます。
脂っこいものや消化に時間がかかる食べ物を避けることもそうなのですが、食事の時間帯もまた重要です。
例えば、夜寝る前の2時間以内には食事を控えることを推奨いたします。
特に夜寝る前に暴飲暴食などしてしまうと、布団に入った後も胃袋の活動状態が続き、翌日に疲れが残ってしまいがちですので要注意です。

最後に運動を取り入れることの効果についてです。
朝起きたら出社する前に近所をジョギングしたり、懸垂や腕立て伏せ、スクワットなどの簡単な自重筋力トレーニングでも、まずは1回5分といった軽い負荷からでも取り組んでみてください。
あるいは夜退社後にジムで汗を流したり、テニスなどのスポーツに取り組む時間を確保するのも良いですね。
まず楽しむことが継続にとって何よりも大事です。
一週間の中で定期的な刺激を身体に与えることで、生活のリズムを作っていくことができます。

食生活改善で気を付けるべきポイント

日頃から食事に気を配っているでしょうか? 胃に負担がかかる食べ物や添加物が多い加工食品を避けることで、食事後に眠気が誘発されるリスクを抑え、その後の生活も規則正しさを保ちやすくなります。 食べ物だけではなく食事の時間帯にも注意が必要です。夜寝る前の2時間以内には食事を控えることで睡眠の質を上げます。

続きを読む

運動で身体に規則正しい刺激を

生活の中に運動を意識的に組み込んでいく意識が効果的です。 朝早めに起きて出社前に近所をジョギングしたり、腕立て伏せのような、お手軽にできる自重筋トレでも、まずは5分からやってみることをオススメします。 一週間の中で定期的に運動する習慣が身に付くと、然るべき時間帯に身体が運動を欲するようになります。

続きを読む