不規則な生活習慣を正常に戻す方法

食生活改善で気を付けるべきポイント

胃に負担がかからない食べ物を選ぶ

食べ物に気を配ることは重要です。
特に脂っこい食べ物や添加物が多く含まれる加工食品などを頻繁に食べると、目に見えて眠気が襲ってきたり、体調悪化を実感することがあります。
胃袋の負担が大きくなってしまうんですね。

また栄養バランスにも気を配る必要があります。
特に糖分が不足していると、仕事中に頭が働かなくなり、眠気や倦怠感が襲ってくることがあります。
仕事のストレスは心身を悪化させる要因になりますので注意が必要です。
特定の栄養分に偏らないように、なるべく外食や偏食を控え、自宅で手作りの食事を摂るよう心がけていきましょう。

身体が欲する栄養にも個人差があります。
理論も大事ですが、そのとき食べたいと素直に思えるような食べ物を摂取していくことが結果的に体調を良くすることもあります。
理論と感覚をバランス良く踏まえて、あなたにとって最適な食生活を発見していってください。

食事の時間がなぜ重要なのか?

意外とおろそかにしてしまいがちなのが、食事を摂る時間帯です。
特に夜遅い時間、寝る前の2時間以内に食事を摂ると、胃袋に負担がかかり、眠りが浅くなります。
翌朝に目覚めても疲れが十分に取れていないことがあります。

夜の食事だけではなく、朝食や昼食の時間も規則正しくすることをオススメします。
食事の時間がズレると本来頭脳労働に集中すべきときに胃袋の活動が活発になり、脳に十分な血液が行かなくなり、眠気を誘発することがあります。
例えば、会議の直前や重要な作業の前にはなるべく食事を摂らず、空腹感を軽減する程度の食べ物で済ませることも大事です。

何のために食事を摂るのかを今一度考え直し、目的に応じて食事の時間帯に至るまで自己管理を徹底することで、日々のパフォーマンスを向上させることができます。
慣れるまでは大変ですが、1つずつできることから始めてみましょう。


この記事をシェアする