不規則な生活習慣を正常に戻す方法

運動で身体に規則正しい刺激を

取り入れるべき運動の内容とは?

運動を習慣化することで規則正しい体質に変えていきます。
習慣化が第一の目的ですので、最初は負荷の大きい運動や長時間の運動を控え、5分程度の短時間からで十分ですので、まずは実際にやってみることが大事です。
たった5分なら億劫になりにくいです。
そして実際に、最初の5分で辞めようと思って取り組む日々を続けると、徐々に5分では済まなくなり、より長時間をこなしたくなるものです。

取り入れるべき運動の内容とは、5分以内で終わるような手短な運動ということになります。
公園での懸垂や自宅での腕立て伏せ、スクワット運動で十分です。
短時間で十分な負荷を身体に与えるにはビッグ3と言われる胸部・背中・太ももを刺激するのが有効で、上記3種目でカバーできます。

筋トレ以外では、ジョギングやシャドーボクシング、テニスラケットの素振りなど、楽しみながらできる運動も取り入れてみてください。 

運動が脳に良い理由

適度に強度の高い運動をすると、身体が温まり、血行が活発になっている感覚になることができます。
このとき、いつもより頭の回転が速くなったり、上機嫌になったり、「誰かに声をかけよう」という気分にもなりやすいです。

筋トレのような規則正しい身体運動は前頭葉に良いともされています。
前頭葉とは脳の中でも理性を司る部分です。
他の運動でも良いのですが、運動によって前頭葉ひいては理性を強化することで、だらしない悪習慣を意識的に避ける意志力がアップすることにも繋がり、規則正しい生活を強化する方向に働きます。

前ページで紹介した簡単なエクササイズを5分間だけでもやることで、ある負荷を超えると身体のスイッチが入り、運動モードになります。
習熟してくるとフロー状態を言われる超集中状態に入ることができます。
このフロー状態が脳に良く、勉強や仕事のパフォーマンスを大きく上げる要因となります。


この記事をシェアする