>

ある程度の時期に始まる更年期症状

更年期はいつ頃か

そもそも更年期はいつ頃やってくるものなのかご存知でしょうか。

更年期はある程度の年齢になった人たちに訪れるものであり、これは男性にも女性にも該当しています。
ですが、男性よりも女性の方がその症状の重さや種類が有名ですね。

では、その時期とは一体いつ頃なのでしょうか。

実は、「このときにやってくる」という断言は難しいのです。
多少の個人差はありますが、だいたい閉経つまり生理が終わった50代ごろに始まるとされています。
早くても30~40代、遅くても60代にはほとんどの女性に降りかかってくると思っておくといいでしょう。
ただその一方で、症状が思ったよりも重くないもしくは全く起こらないなんて方もいらっしゃるので、まさに人それぞれと言える症状でもあります。

どんな症状があるか

では、そんな更年期の症状とはどういったものがあるのでしょうか。

実は、更年期症状とは本当にさまざまあり、一概に「これが更年期の症状です」とは言えないという部分があります。
私たちが知っているものもあれば、お医者さんですらわからなかった症状も出て来るなんてこともあったりします。

そんな更年期症状の代表的とも言える症状をいくつかご紹介させていただきます。
まずは、ホットフラッシュと呼ばれるいわゆる体のほてりやのぼせが現れます。
それに伴って、いつもイライラしたりする精神的な面もついてきます。

その他にもめまいや頭痛、不眠や躁うつの状態が続く、冷えや疲労感も更年期症状の一つだと言われています。

これらの症状が出てきて長く続くようでしたら、とにかく病院へ行くようにしましょう。


この記事をシェアする