>

辛い更年期症状を和らげる治療法

ホルモン療法がほとんど

更年期症状の治療法はどういったことしているのでしょうか。

一般的には、更年期症状の治療はホルモン療法となっています。
と言いますのは、そもそも更年期症状自体がホルモンバランスの乱れから来ているとされているからです。
なので、まずはホルモンバランスを整えてみようとホルモン療法が利用されます。
現に、ホルモン療法だとほてりやイライラといった症状がある程度は収まるようになります。

それだけではありません。
年を取ったら悩みの種になるコレステロールの上昇を抑えたり、骨粗しょう症の予防にも繋がっていくとも言われています。
つまりは、ホルモン療法だとエイジングから来る大抵の症状を抑えてくれると思っておくと、実際に治療するようになってもそんなに身構えなくてもよくなるでしょう。

具体的な治療法

そんなホルモン療法ですが、肝心の治療内容はどういったことになっているのでしょうか。

普通病気になりましたら、その症状に応じた薬を飲むようにしていますが、ホルモン療法も基本的にはそうです。
ホルモンバランスを整える飲み薬を飲むようにして、それで女性ホルモンを活発化したりします。
また、飲み薬が苦手という方のために、貼り薬で女性ホルモンを起こしていくという治療も出来たりします。

中には、再び生理が来るようにしてホルモンバランスを整えていく治療法も存在しています。

このように、その人に合った治療法が存在していますので、エイジングするということにそんなにマイナスなイメージを抱く必要はそんなにないのではと思われます。


この記事をシェアする